基本の肌断食のやり方

Sii

-
27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s.jpg

以前から実践してみたいと思っていた肌断食を始めて1ヶ月が経ちました。
ひとまず肌の状態は落ち着いており、成功とはまだ言えないとは思いますが、肌断食を始めてみてよかったです。

まず肌断食とは何なのか?
ご説明したいと思います。





*iHerb お得な割引コード*
※新規の方もリピーターさんもOK
注文時5%OFFになる割引コード
5%OFF
※リンクをクリックで適用になります。




様々なタイプの肌断食がある
肌断食とはスキンケアを一切行わない美容法。
クレンジングはせず、石けん、もしくは水で洗顔します。
化粧品を一切使わないことにより、自身本来の肌力を引き出すというものです。
一番有名な肌断食のやり方が医師の宇津木龍一先生が提案している宇津木式の肌断食。

または夜だけ、もしくは朝だけ肌断食や、週末だけ肌断食など一時的に行う肌断食もあります。
ひたすら調べてみて、一番シンプルな肌断食であろう宇津木式のやり方に沿って肌断食することにしました。





肌断食のやり方は?
一番基本で重要なこと。
クレンジング、洗顔(石鹸、洗顔フォームなど)、スキンケアをやめる
ただこれだけです。
でもただこれだけのことが本当に難しい…。

お風呂から出て顔に何も塗らないなんて今まで10年、20年スキンケアしてきた習慣をやめるのは無理なのでは?と思いますよね。
それから、クレンジングはしないって、メイクした顔はどうするの?と疑問になりますよね。

では、その工程について解説していきたいと思います。



肌断食の基本ステップ
ここで解説するのは基本(宇津木式)の肌断食についてです。
肌断食をする前に宇津木先生の著書を読むのも良いと思います。
宇津木式スキンケア事典 化粧品をやめると、肌はよみがえる (ノンフィクション単行本)
「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません―

他にも肌断食の本はたくさん出ているので、いきなり肌断食をするのが不安な方は、こういった本である程度知識を入れてからスタートしてみるのもオススメです。


①基本は水(ぬるま湯)洗顔で絶対こすらない
朝も夜も基本は石鹸などを使わずに洗顔します。
石鹸でしか落とせないメイクの時のみ石鹸で洗顔OK。

石鹸は純石鹸というカリ石ケン素地のみでできたシンプルなものを使用します。
そして洗う時もゴシゴシしない、こすらない。
洗い終わってタオルで拭くときもゴシゴシ拭かない。
とにかく肌に刺激を与えない。





②基本は何もつけないが、本当に乾燥した場合のみワセリンをつける
一番大事なことなんですけれども一番つらい何もつけない。
いつも化粧品で守られていた部分が剥き出しになる感覚で本当につらいです。

ただし本当に乾燥している部分にはワセリンを少量つけるのはOKとされています。
ガッツリ塗るのではなく、本当にうすーく保護するような感覚で塗布しましょう。

ちなみにワセリンは白色ワセリンです。
色が黄色いものより、白く透明度が高い方が純度が高いそうです。

私も最初はヴァセリン(中身黄色っぽい)を使っていたのですが、今は【第3類医薬品】日本薬局方 白色ワセリン 500gを使用しています。

<2017.1追記>現在はより純度の高いサンホワイトを使用しています。




③メイク用品はぬるま湯で落ちるもので揃える
まぁ、これもやってみてわかるんですけどぬるま湯じゃメイクは落ちません…。
なるべく肌に負担の少ないミネラルファンデーション使用を推奨されていますが、やっぱりぬるま湯で落とすのは難しいです。

クレンジングや洗顔で洗いすぎてしまうよりは肌にファンデーションが少し残っているぐらいがまだマシという事になります。
ファンデーションはまだわかりますが、アイメイクは本当に落ちないです。
ぬるま湯で落ちるマスカラ、アイライナーを使っていても結局40℃ぐらいのお湯じゃないと落ちないみたいなので…。

宇津木式ではぬるま湯で落ちるぐらい薄めのメイクをするようにして、落ちないものに関しては純石けんを水で薄めたものを綿棒で転がして取るようにするとのこと。
ちなみに私はアイメイク大好きなので、ここでもう挫折しそうでした。


基本の肌断食はこんな感じです。

次はこちらのやり方を実践して色々と試行錯誤した私の自己流肌断食をご紹介します!

関連記事



よかったらクリックして頂けると更新の励みになります☺︎
にほんブログ村 美容ブログ iHerb生活へ
にほんブログ村 美容ブログ 海外コスメへ

Posted bySii