【肌断食 必須アイテム】 ワセリンの種類について・ワセリンの選び方

Sii

IMG_3403.jpg

ワセリンが苦手だった事もあって、今まではヴァセリンをたまに使ってたぐらいなんですが、肌断食を始めてからワセリンにも色々種類がある事を初めて知りました。





*iHerb お得な割引コード*
※新規の方もリピーターさんもOK
注文時5%OFFになる割引コード
5%OFF
※リンクをクリックで適用になります。



ワセリンの原料は石油?肌への影響は?
ご存知の方も多いかと思いますが、ワセリンの原料って元をたどれば石油なんです。 
原油を精製する時に出た残渣をさらに精製した物がワセリンです。

よくワセリンで油焼けするという話も聞きますが、それは昔の話です。
今よりワセリンの精製技術が進んでいなかった昔のワセリンでは不純物が多く含まれており、その不純物に反応してシミや肌トラブルの原因になってしまいました。
現在は精製技術も進んでいる為、ワセリンで油焼けしてしまうなんて事はなく、安心して使えます。



黄色ワセリン
一般的にヴァセリンがこちらの黄色ワセリンに当たります。

ヴァセリンを使用された事のある方はわかると思いますが、ちょっと黄色っぽいですよね?
実はワセリンは精製されて純度の高い物の方が色が透明に近くなり、安全性も高くなります。

また、ヴァセリンは純度の高いワセリンよりも劣化が早い為、微量の保存料が含まれています。
アトピーの方や肌が敏感な方、赤ちゃんに使用される場合はヴァセリンではない方が安心ですね。

値段がかなりお安い点は良いのですが、白色ワセリンでも安い物もあるので、あえてヴァセリンを使わなくてもいいかな~と個人的には思っています…。



白色ワセリン

日本製のワセリンはほとんどこちらになるのではないでしょうか。
含まれている不純物が少ないので、肌が弱い方でも使用できるものもあります。
白色ワセリンは2つに分けられます。
1つは日本薬局方という国で定められた基準をクリアしたもので、第3類医薬品になります。
名前に日本薬局方と付いているので探しやすいかと思います。



もう一つは化粧油で化粧品分類の白色ワセリンです。
正直日本薬局方の物と使い心地は変わらない気がします。^^;





プロペト
プロペトは医療用に使用されており、白色ワセリンをさらに精製した純度の高いワセリンになっています。
よく皮膚科でも処方される物がこちらで、私も幼少期アトピーだった頃によく親にプロペトを塗られていた記憶があります。
肌が弱い方や炎症を起こしてしまった肌、赤ちゃんにも安心しても使えます。




サンホワイト
プロペトでも肌が荒れてしまう方でも使えるのがサンホワイトです。
プロペトよりもさらに純度が高く高品質になっています。
医薬品で販売すると採算が合わないという理由から化粧油分類になってしまうので、お値段がかなり高いのがネックです。
ですが、基本的にワセリンって大量に付ける物ではないので、小さいチューブを買ってもかなりもちます。高い化粧品を使うよりは全然コスパはいいです。




私は現在はサンホワイトを顔や身体に使用し、白色ワセリンを踵やハンドクリームに重ねたりして使ってます。
サンホワイトは最初は高いな~って思ったんですけど、使ってみるとわかりました、この違い。
今まで使ってたリップクリーム全部いらないぐらい唇もぷるぷるになります。


ちなみにワセリンを買うときは本当に小さいサイズを買えば大丈夫ですよ!
もちろん大きいサイズの方がお得なんですけど、全然減らないし、劣化も気になるので小さいサイズを買いなおす方法がオススメです。


肌断食をしている方も、そうでない方も良かったら参考にしてみてください。

関連記事



よかったらクリックして頂けると更新の励みになります☺︎
にほんブログ村 美容ブログ iHerb生活へ
にほんブログ村 美容ブログ 海外コスメへ

Posted bySii

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply